20代女、ひきこもりが精神病とともに生きる話。克服への道のり。

統合失調症で、うつ気味がゆえに引きこもりです。被害妄想等辛い日々ですが、克服するため奮闘しております。同じ思いをしている方やそのご家族に読んで貰いたいです。

相談員さんが変わる事になりました

今日は相談員さんが家に来ました。
その人は開業するらしく、新しい相談員さんを探してくれました。
私に合う、女性で精神病に精通している人だそうです。
今までの相談員さんとは少ししか関わっていないのですが、とてもいい人で精神病にも理解があり、新しい相談員さんに変わるのは不安です。
しょうがないですが。

その相談員さんが教えてくれたのですが、私が嫌われてる、悪口を言われてると思っていた男子が実は、私の事を尊敬しているとの事でした。
すごく嬉しかったのと、ほっとしました。
やはり、被害妄想だったみたいです。
取り越し苦労ですね。
作業の面で尊敬してくれてるみたいです。
頑張ったかいがあります。
負けてられないと思ってくれてるそうです。

他の皆も尊敬してるよと言ってくれました。
施設長も、来てくれてから助かってると言ってたそうです。手先が器用と誉めていたそうです。
嬉しい報告です。
これから、たまにお昼ご飯を作るのを任せるかもしれないとの事です。
プレッシャーですが、やりがいがあります。

一番は、嫌われてると思ってた人に嫌われていなかったというのが大きいです。
これで吐き気も出なくなるかも?
少し行くのが楽しみになりそうです。
自分から男子に話しかけたいけど出来ないと相談員さんに話したところ、「だんだん話せるようになるよ」と言ってくれました。
「話しやすい人から話していけばいいよ」って。
農園に来ている人は皆病んでる。似た者同士だよ。
って。
早く仲良くなって、皆が癒されて楽しく過ごせるようになって欲しいです。